ミズノ ジュンヤ
ミズノ ヒロコ
オオコウチ カズユキ
サカイ ツヨシ
マエダ ミナ
ヤマモト ケンスケ
イナ ヒサエ
アダチ ナオコ
アダチ ナオコ
アダチ ナオコ

-入社してから何か変わったことなどはありますか?

 まずは新聞を読むようになったことでしょうか。
 朝礼で各々記事を持ち寄って発表する機会があるので、新聞を読むきっかけになっています。
 そして、新聞をただ流し読みするだけではなく自分なりの見解を持ちながら深く読むようになったと思います。

-そうですね~。僕も朝礼のおかげで少しだけ世の中が見えてきたような気がします。  足立さんは企画ということで入社されて、企画書の作成だったり、お客さんとの打ち合わせなど「言葉」で伝えることが多くなると思いますが、日々の「企画」業務はいかがですか?

 企画自体が初めてなので、頭もカチコチでなかなか難しいですね。
 どうすれば人に響かせる言葉になるのか、日々自問自答です。

-なるほど、素晴らしいですね! そんな日々を過ごすミデコの好きなところはどこですか?

 良い意味で学校みたいなところです!ミデコの皆さんもクラスメイトみたいにフレンドリーで、友達のように話しやすくて毎日が楽しいです。

-学校のようにワクワクして、毎日友達に会いに行くような職場ってすごく素敵ですね~。確かにアットホームな会社なのは間違いないです!
 今後チャレンジしたいことは何ですか?

 水墨画・書道・サイクリング・マラソン・料理などです。
 特に今持ってるのよりちょっといい自転車を新調してあちこち探検したいです。

-アクティブですね~。僕はインドア派なのでロードレーサーは憧れますよ。  機会があったら乗ってみたいですね。これからの会社に対する意気込みを教えて下さい。

 企画力(アイデア)を高めて蒲郡を盛り上げるための力添えができればと思います。
 これからも皆さん、よろしくお願い致します!!

ヤマモト ケンスケ

まとめ

 これからのミデコを引っ張っていく動力源になる足立さんのアグレッシブな姿勢を感じたインタビューとなりました。
 今後のミデコ変革の行く末が楽しみです。(インタビュアー:山本)